アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

パリ、ブロカント市で家具探し

2
0
今日は時々小雨が降るあいにくの天気でしたが、マレの近くでブロカント市が開かれていたので行ってきました。

パリの3区Rue de Bretagneを中心とする一帯で開かれているこのブロカント市は、半年に一度開催されていて、けっこう大きな市です。(確か前回は11月でした)

古い食器や道具、アクセサリー、本、洋服などなど様々なものが売られていますが、パリのいろいろな地区で開催されているブロカント市の中でも、比較的大き目の家具が多く出ているのもこココ特徴だと思います。

実は刺繍で使うビーズやスパンコール、その他細々としたものをしまっておく家具を探し中。
小さな引出しがたくさんついた家具が欲しいのですが、なかなか思ったものに出会えない(><)
恋人募集中でなかなか理想の相手に巡り合えないのと同じですかね(笑)

旦那さんには、どこに置くの?と言われてますが、気にしません!
お目当てが見つかったら、即買いですよ!

写真_convert_20150601051344
ブロカントで売られていた薬品(?)の小瓶たち。

スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.

トキコ  

昔のお医者さんの「薬箱」みたいな感じかな?
特注品を作って貰うしか無いかもよ?
今、流行りの日曜大工(DIY)で作る…とか。←日本でプチブームみたい

巡り会うと良いね!

2015/06/06 (Sat) 10:41 | EDIT | REPLY |   

Chatnours  

Re: タイトルなし

そうそう、小さい木の引出がたくさんついたキャビネット。
昔の薬屋さんが漢方薬を入れてた棚みたいなやつが欲しいの。

特注もいいんだけど、できればアンティークがいいんだよね~

気長に探してみます!

2015/06/07 (Sun) 18:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply