Paris s'éveille! -パリ、刺繍職人への道-

アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

フランス市民になるための心得1日講習受講

今日はOFIIの「フランス市民になるための心得」1日講習に出席してきました。

朝8時50分にOFIIの教育センターのようなところへ行き、9時から講習がスタート。

出席者はアフリカ系、南米系、アジア系と様々。
今日はタイ語の通訳さんが来ていたので、タイ人の出席者がたくさんいました。(日本語通訳が付く日もありますが、私はその日は都合が悪かったので、通訳なしの日に出席)。
日本人は私一人。

コーヒー、紅茶、お水も用意され「自由に飲んでくださいね」とOFIIのスタッフ。
そんな和やかな雰囲気の中、講習がスタート。

フランスの歴史から始まり、フランスのシンボル、地理、政治、人権、宗教の自由、教育、税金、フランス国籍を取得するためにはなどなど、まるで高校の社会科のお勉強のようでした。

宗教の自由は認めるけど、学校(小・中・高)では宗教的なシンボルとなるものを身に着けてはいけないとか、公共の場でブルカ(イスラム教の女性が身に着ける全身を覆う布)などで、顔を隠してはいけないなど、多民族国家ならではの話題も。

そして、フランス国籍を取得するためにはという話題になった時には、アフリカ系の皆さんから質問続出!やはりフランス国籍というのは魅力なのでしょうか?

午前の部が9時~12時、午後の部が13時30分から17時(実際には16時30分には終了)
午前、午後とも15分くらいの休憩もありました。

お昼には無料でランチを出してくれました。
が・・・・お世辞にも美味しいとは言えず・・・・コンビニ弁当の方が数倍上等です(^^;)
やはり、弁当文化があるからでしょうかね~
日本で何か集会があった時に出してくれるお弁当は栄養バランスも取れてて本当に美味しい!と、今日、マジで実感しましたよ。

ま、ランチを出してくれるだけでも有り難いと思わないとね(笑)

休憩時間に隣に座った若干オネエっぽいブラジル人のお兄さんともお話し、軽く国際交流(?)もしつつ、講習の最後には4枚目のAttestation

Attestation de Formation Civique

をもらい、長い1日が修了しました。

これで次回のTitre de Séjour更新までは自由~

あ、5か月前の予約をしないとねっ