Paris s'éveille! -パリ、刺繍職人への道-

アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

フランスのメディカルアロマの教室に行ってきました

昨日はお友達に誘われ、人生初!アロマテラピーの教室へ行ってきました(^^)
講師はパリでÎle des Fleurs Parisを主催し、フランスのアロマテラピーを教えているTomomi先生。

実は教室開催2日前の木曜からのどが痛くなり、金曜は熱まで出てしまい、Doliprane(フランスの解熱鎮痛剤)を飲むはめに(><)
土曜の朝、熱は若干下がったけど、のどはまだ痛い。でもせっかく予約したのでどうしても行きたい!
重い頭を持ち上げ家を出ました。

会場に着くと、笑顔のとても素敵なTomomi先生が出迎えてくれました(^^)

この日のテーマは「家庭の薬箱」!もう私のためにあるようなテーマじゃないですか!

まずはTomomi先生による、家庭によくある医薬品の説明から始まり、つづいて、その医薬品の代わりになる精油は何かという説明をしてくれました。

私が理解したところでは、現代の医薬品が100%悪いというわけではなく、医薬品に頼りすぎず、生活の中に精油を上手に取り入れながら自分の体の免疫力を上げていく(体質改善していく)といいですよ、とのこと。

はい、私、昨日からDoliprane飲みまくってます(^^;)

説明が終わったところで、Tomomi先生が用意してくれた4種類のレシピの中から自分の好きなバームまたはオイルを作っていきます。

私は風邪をひいていたので、迷わず「風邪バーム」!

P1070672_convert_20150412200650.jpg

P1070675_convert_20150412201017.jpg

用意していただいた材料をレシピ通り量を測り、湯銭にかけて蜜蝋を溶かします。

P1070677_convert_20150413045105.jpg

全部溶けたら容器に移し、精油を加え、良く混ぜます。

P1070678_convert_20150412202439.jpg

冷ましてできあがり!

お教室の中でいろんな精油の匂いを嗅いだためか、重かった頭もスッキリ軽くなった気が(^^)

Tomomi先生の説明もとても分かりやすくて、ためになりました!

さっそく家に帰ってから、できあがった風邪バームをのどに塗り塗りしてます♪
いい香りに包まれて、リラックス効果もありますね~

フランスの薬局にはいろんな種類の精油が売っていて、薬剤師さんも薬じゃなく、精油をすすめてくることがあります。以前、ヘルペスができたとき、近所の薬局へ行ったら「この精油はとてもよく効くからいいよ。患部に直接塗ってね」と言われたことがあります。

今まで精油のことは全く知らなかったので、ディフューザーで香りを楽しむくらいだったんですが、今回いろいろ教えていただいたので、少しずつ生活の中に取り入れていきたいと思います。



フランスのアロマテラピーに興味のある方はこちらのサイトをご覧ください。
初級から上級までさまざまな講座がありますよ。

Île des Fleurs Paris
http://www.iledesfleurs.com/