Paris s'éveille! -パリ、刺繍職人への道-

アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

夏時間になりました

2日前の日曜日から、フランスは夏時間になりました。
(夏時間といっても、まだまだ寒くてコートとマフラーが手放せないんですが・・・)

夏時間になり、日本との時差は-8時間から-7時間になったわけですが、どうやって1時間減らすのかというと

毎年、3月最終日曜日、夜中1時59分から2時になる瞬間に1時間すっ飛ばして3時になるわけです。
寝てる間に1時間減らしてしまえってことですね。
というわけで、1時間の寝不足になるわけです。
日曜日に変わるというあたりは、多少働いてる人に配慮してるんでしょうか。

ややこしいのは、この日に友人と会う約束をしている場合。
土曜日の夜に「明日は夏時間になるから1時間進めて寝てね」と確認しておかないと、1時間遅刻!なんてことになりかねない。
(スマホなんかは自動的に夏時間にしてくれますが)

ただ、たかが1時間、されど1時間。

体も1時間の時差に対応させなければならならず・・・

地球はずっと変わらず同じリズムで回転してるのに、人間が勝手に時間を操作するのってどうなのかな?

自然の流れに反してる、と思うのは私だけでしょうか。

P1040760_convert_20150331201401.jpg
写真はパリのパッサージュに中にある古本屋さん。時が止まったような空間が大好きです。