Paris s'éveille! -パリ、刺繍職人への道-

アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

久々に蚤の市へ

週末の楽しみと言えば、蚤の市。

冬の間は「寒い」ということもって、なかなか足が向かなかったのですが、暖かくなってきたし、欲しいビーズもあったので、久しぶりにクリニャンクール(Clignancourt)に行ってきました。

蚤の市に到着後、まずはお目当てのビーズを購入。
ラッキーなことにちょっとおまけもしてもらい大満足したところで、ゆっくり他のお店を見学。
クリニャンクールは比較的お値段が高めなので、だいたいいつも見るだけ~なんですが、かなり広いので、週末のんびり散策するのにちょうどいい。

帰りはメトロの出口を出たすぐのところに新しくできたカルチャースポット「REcyclerie」でのんびり。

写真+1(3)_convert_20150325065303

実はココ、かつてパリ市内を走っていたプティト・サンチュールという鉄道のオルナノ駅。
廃墟となっていた駅が「再利用」をコンセプトとしたカルチャースポットに生まれ変わったそうで、カフェスペースもあってお茶やランチが楽しめます。

クリニャンクールはちょっと治安も悪く、蚤の市を見た後、のんびりできるおしゃれカフェ的なものが今までなかったので、「REcyclerie」の登場はうれしい限り♪

駅の下をのぞくとかつての線路がまだ残っています。
昔ここを電車が走ってたのか~とちょっとノスタルジーな気分に浸ってしまいました。