Paris s'éveille! -パリ、刺繍職人への道-

アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

職人の街フィレンツェ

さて、フィレンツェ第2弾~
フィレンツェといえば、職人の街としても有名!

特に革製品は有名で、街のあちこちにお店がありました。
もちろん、市場にも革のお店がずらり。

実は、日本にいる時は仕事のあと、趣味で靴づくりをしていたので革には興味あり~
というわけで、今回、どうしても行ってみたかった革の学校スクオーラ・デル・クオイーオへ。

P1110274_convert_20170909061554.jpg

サンタ・クローチェ教会に隣接している学校で、校内にはショップもあって一般の人も入れます。
8月はバカンス時期のため、学校は残念ながらお休み(T_T) 
作っているところを覗いてみたかった~

P1110278_convert_20170909061709.jpg
ショップに入るとショーケースが並ぶ廊下の奥と隣に作業台があり、職人さんが作業しているところを見ることができます。

P1110280_convert_20170909061845.jpg

P1110282_convert_20170909062433.jpg
道具フェチ?な私はこういう道具を見るとちょっと萌えちゃいます(笑)
私が行ったときは、日本人女性の職人さんがいらっしゃって、作業されてました。
話を聞いたところ、この学校で学んだ後、職人としてここのアトリエで働き6年が経つそうです!

そして、ショップに入ったすぐのところにあるショーケースを見ると、なんと、日本人の名前が入った靴の木型が何点か飾ってありました!こうしてみると、けっこうたくさんの日本人がここに学びに来てるんですね~

さて、こうなったらぜひ革製品を何か買って帰りたい!と思って街を歩いていたら、見つけました!
素敵なショルダーバッグ!しかもお値打ち!
ごっついイタリア人のおじさまが作っているカバンで一目ぼれで買ってしましました( *´艸`)

P1110597_convert_20170920014017.jpg


そして、もう一つフィレンツェで絶対に行きたかったところが、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。
世界で最も古い修道院のコスメで、メディチ家も愛用していたという薬局です。

P1110248_convert_20170920013719.jpg
薬局に入るといい香りに包まれ別世界。
内装のこの重厚感に圧倒されます。

P1110247_convert_20170920014739.jpg
薬局のお姉さま方も美しい方ばかりで、少々気おくれ気味で恐る恐る商品のことを聞いてみると、とても気さくに教えてくれてひと安心。
ちなみに、ここのシステムはちょっと変わっていて、各コーナーでお姉さま方にこの商品が欲しいと言うと、カードに注文した商品をインプットしてくれ、店内奥のお会計スペースで商品を受取ります。世界最古と言えど、かなりシステム化されていますね。

薬局を奥に進むとミュージアムになっていて、かつて使われていた道具や薬の小瓶などが展示されていました。
IMG_3772_convert_20170920014217.jpg

今回購入したのはオレンジフラワーウォーターという化粧水。欲張って500㎖のビッグボトル!!リフレッシュ&柔軟効果があるそうな。そして、オリーブオイルソープ。敏感肌用だそうです。
IMG_4035_convert_20170920014133.jpg
ボトルのラベルも石鹸の箱もデザインが素敵すぎます!

バカンスに発つ前から、周りのフランス人たちにフィレンツェは本当に最高だ!と聞かされていましたが、やっぱり最高でした!!
また来るよ、フィレンツェ!




いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!
ブログを書く励みになります。下のボタンをポチっと押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村