Paris s'éveille! -パリ、刺繍職人への道-

アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

国によって好みの色が違う

ややご無沙汰しておりました。

パリは12月に入って、ぐっとクリスマスムードが盛り上がってきました。
アトリエの同僚や友人とはクリスマスプレゼントはどうするか、とかバカンスはどこかに行くのかという話で持ち切りです。

そんな中、12月2日~5日の4日間に渡ってMardhé de Noël japonaisというイベントが開催されました。
日本人アーティストの作品や和雑貨、パティスリーなど、日本に関するいろいろなものが買えるイベントで、去年は通訳としてお手伝いをさせていただいたんですが、今年はアトリエで働き始めたのでお手伝いできず。

その代わりというか、今年は友人がイベントに出展したので仕事帰りに遊びに行ってきました。
出展した友人と話していて印象的だったのが、日本とフランスと売れる色が違うということ。

フランスは日本ではほとんど売れないブルーがよく売れるとか。
反対に不人気なのが黄色。ピンクもあまり興味を示さないそうです。

なぜでしょうね~うちの旦那さんも黄色嫌い。
言われてみれば、黄色い色を身に着けた人をあまり見ない気も・・・・。
(そういえば旦那さん曰く、ユニクロがパリに出店した当初、売られている服の色が日本ベースの色?だったのか、ちょっと変わった色のラインナップで違和感を感じたとか)

冬のパリはみんな真っ黒。コートもセーターもズボンも靴も全身真っ黒。
黒に続いて皆がよく身に着けているのは、ブルー、紺色、グレー、白、ベージュといったところでしょうか。

ところが南仏に行くと、男性でもピンクのシャツを着たり、グリーンのズボンをはいたり、色鮮やか。
好みがイタリア男性に似てる気がします(笑)

ブルーがよく売れるというのは、もしかしたらパリジャンの好みかもしれませんね~。
南仏でもしイベントをやるとすると、もしかしたらピンクや黄色も売れるかも!?

今年は大盛況に終わったMardhé de Noël japonais。来年も楽しみです!


IMG_0939_convert_20151212074849.jpg
パリ3区の区役所前。クリスマスツリーが飾られていてとてもきれい~(*´▽`*)



いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます!
ブログを書く励みになります。下のボタンをポチっと押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村