Paris s'éveille! -パリ、刺繍職人への道-

アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

パリのアトリエで働き始めて感じること

パリの刺繍のアトリエで働き始めてもうすぐ1週間になります。

急ぎの仕事などもあり、いきなり週末出勤をしましたが、アトリエで働く人たちはみんな優しく、とてもいい環境で働かせてもらっています。
そして、初日からCHANELのコレクションの仕事をさせてもらい、とてもいい経験をさせていただいています。

アトリエで働き始めて感じたことは、「決して学校で習った通りではない」ということ。

エクラという素材をクロッシェで付けるのも、学校では表から付けましたが、アトリエはいかに早く作業をするか、が大切。
そのため、裏からクロッシェでビーズをつけるのと同じ要領でザクザク付けていました。
私は裏からつけるやり方を知らなかったので、アトリエの先輩に教えてもらいました。

そして、普通は布にデザインがすでに描かれているものに刺繍をしていくんですが、今とりかかっている仕事は布にデザインが描かれてなくて、見本だけ渡されました。
アトリエの人たちは「あらら~デザインが描いてないじゃない」とちょっと不満そうでしたが、文句を言っても仕方ないので見本からデザインを写し取って作業を進めています。
こういうことも、学校では習わないので、やはり現場ではより応用力が必要になってくるんだなって、つくづく感じています。

P1090660_convert_20150909053814.jpg
キラキラのエクラ


今日もブログを読んでいただいてありがとうございます。
ブログを書くはげみになります。下のボタンをポチっと押していただけるとうれしいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 刺繍へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村