Paris s'éveille! -パリ、刺繍職人への道-

アラフォーでフランス・パリに刺繍留学。現在はパリのアトリエで働く刺繍職人。アトリエのこと、パリの日常生活、おすすめのレストランやパティスリーなどについて綴ります。

ヒゲ男子 HIPSTER増殖中!


最近、パリの街を歩いていてものすごく気になるのが「ヒゲ男子」。

お髭はずいぶん前から流行っていて無精ひげくらいの人はたくさんいましたが、ここ1年くらいで急に増えてきたのが、サンタクロースか!?アルプスの少女ハイジに出てくる山小屋のおじいさんか!?レベルのお髭。

広告のモデルのお兄さんもお髭(ミディアムサイズ)。
11136879_10153225660653044_1841230120_n_convert_20150717185242.jpg

夏になって暑くなってきたので剃っちゃうのかと思いきや、自慢のお髭はそのままなんですね。
Tシャツ&ショーツにサンタクロースレベルのお髭ってどうなの!?って思いますが(^^;)

さて、先日街をあるいていたら、薬局のショーウィンドウにこんなポップアップ(と言っていいのかな?)が貼ってありました。
(薬局やデパートでもお髭のお手入れグッズがとても充実している)
写真+(1)_convert_20150717183637

ETES-VOUS TOTAL HIPSTER? (あなたは完全なHipsterですか?)って書いてあるけど「Hipeter」って何ぞや?

旦那さんに聞いてみると「ヒゲを生やしていて、チェックのシャツを着てて、細身のズボンをはいて、メガネをかけて、ニット帽をかぶって、自転車に乗ってる20代~30代の若者のことをHipsterって呼んでるんだよ」

そういえば、若者に人気のエリアと言われているウチの周りはそんな格好をしたヒゲ男子がいっぱい歩いてるわ。
どうやらこれは右岸のファッションのようです。
左岸のようなちょっとシックなエリアにはHipsterはあまり生息しないのだとか。

この映像を見ると、言葉は分からなくてもなんとなくHipsterのイメージが分かると思います(笑) ヨーロッパ各地にHipsterは生息してるようですね。


日本ではHipster的なファッションは流行ってるのでしょうか?
昔私の友人(男)が日本人はどう頑張って髭を伸ばしても亀仙人にしかならないから、髭の濃い外国人がうらやましい!と言っていたのを思い出した(笑)

ちなみに、会社に就職&大人(40代以降?)になったらHipsterは卒業なんだとか。
お金持ちのHipsterは大人になったら「BOBO」になるという意見も。
BOBOについては、また別の機会にでもご紹介しましょうかね。